SDG’sへの取り組み

ホームSDG’sへの取り組み

沢根スプリングとSDG's

貧困・紛争・気候変動・感染症。私たちは多くの課題に直面しています。これからはみんなでみんなのことを考える時代。自分たちの経済成長だけでなく、社会的意義は何かを問われています。SDG'sの「誰一人取り残さない」「持続可能な世界を築くために」、私たちは「経営理念」の80%という数字に拘り、腹八分目経営で、原理原則を大切に何事もコツコツやり続け、永続する会社を目指します!

目指すあるべき姿
(2030年までに)

腹八分目経営で、会社を取りまく全ての利害関係者を幸せにし、
永続していきます。

特徴的な活動


環境に配慮した活動で、社員の豊かさと幸せの実現します。

すべての人に健康と福祉を

これまでの取り組み

AED(自動体外式除細動器)の設置
健康経営優良法人2021認定
障がい者施設への支援 (物品購入・社内行事招待)
健康セミナーの定期開催
社員への禁煙支援 (禁煙外来費用会社負担)
ウォーキングキャンペーン実施(年2回4ヶ月間)
社員のがん保険加入で、治療費のための給付金を支給
健康経営優良法人2022認定
健康経営優良法人2023認定

これからの取組目標

健康経営の継続推進 (毎年継続)
質の高い教育をみんなに

これまでの取り組み

沢根塾開催 (毎週・15年間継続)
※沢根塾とは社員のための社員による勉強会です。
読書のすすめ (費用の会社負担)
各種検定・講習への参加 (費用の会社負担)

これからの取組目標

学習する風土づくりで、問題解決型人財育成(自ら考え行動する人へ)
自己啓発支援  (学ぶ機会の醸成)
沢根塾
ジェンダー平等を実現しよう

これまでの取り組み

障害者の雇用 (2021年雇用率7.8%)
女性活躍社会推進行動計画作成(2020~2025年)

これからの取組目標

女性社員の比率向上(30%以上)
エネルギーをみんなに そしてクリーンに

これまでの取り組み

太陽光発電(100kw)と一部電力自家消費
全社LED化の完了(省エネルギー化)
省エネ最適化診断実施(2022)

これからの取組目標

再生エネ由来電力の使用
太陽光発電の増設
太陽光発電
働きがいも経済成長も

これまでの取り組み

楽しみ方改革 (仕事を楽しいものにする)
腹八分目経営 (急成長ではなく少しずつ成長)
社員意識調査の定期的実施
BCP(事業継続計画)策定推進 (BCP毎年見直し)
※人を大切にする経営学会での活動はこちら
連携型事業継続力強化計画の推進(代替生産、人的・物的支援)

これからの取組目標

仕事を楽しくし生産性向上と幸せ度の向上
産業と技術革新の基盤をつくろう

これまでの取り組み

研究開発組織の設置
(産学官交流・異業種による医療部品開発など)
IT化・DX推進
ISO13485(医療機器の品質マネジメントシステム)認証取得
カテーテル内視鏡用トルクコイル生産ライン構築(2023)

これからの取組目標

高付加価値医療部品での社会貢献 (カテーテル内視鏡用部品)
DXによる人と組織の変革 (AIの活用)
研究開発室
住み続けられるまちづくりを

これまでの取り組み

災害時の避難場所として、外階段にて24時間屋上の開放

これからの取組目標

福利厚生棟の建設
(健康食の提供と健康トレーニング施設)
高齢者の居場所づくり・子ども食堂
(福利厚生棟の活用で地域支援)
つくる責任 つかう責任

これまでの取り組み

ISO9001(品質マネジメントシステム)
ISO14001(環境マネジメントシステム)
ISO13485(医療機器の品質マネジメントシステム)の推進
不良低減活動 (ロス低減)
小口品の手加工ものづくり
(電気を使わないものづくり)
リサイクル活動
多品種小口生産(必要なものを必要なだけを作る)

これからの取組目標

循環型社会へ向けて廃棄物の削減
電力を使わないものづくり比率向上
社内環境取り組みの広報